2018年11月17日 (土)

金盞香

秋がだいぶ深まってきまして、このあたりでもそろそろ紅葉の便りが聞こえ始めました。
今日は、久しぶりに水窪方面、山住神社に出かける予定だったのですが、昨日葬儀のお手伝いをしましたので、参拝は遠慮させていただくことにしました。
誰のせいというわけでもなく、こういったタイミングというか、巡りあわせもあるんだなと思いました。
その代わりではありませんが、明日以降と思っていました、豊川稲荷秋季大祭に予定より一日早く出かけてきましたが、ちょっとした出会いもあり、もしかしたらそういう運命だったのかもしれません。

さて、七十二候は本日から「金盞香(きんせんかさく)」に入りました。
水仙が咲き、良い香りを放つ頃です。
もう少し先のことでしょうが、年末も近くなってくると逆に「年末の感じが全然しないね」なんて話をよく聞いたりします。でも私の場合、森のお祭りも終わってしばらくすると、もうすっかり年末気分となってくるのです。

さてさて、今年のあとわずか、たっぷりと楽しみましょうか。

2018年11月12日 (月)

地始凍

金曜日からちょっと風邪気味・・・。

日中と朝晩の寒暖差にやられてしまったのでしょうか?
大したことはないので、これ以上ひどくならないようにだけ注意しておきます。

季節は進みまして、七十二候は本日から「地始凍(ちはじめてこおる)」に入りました。
台地が始めて凍る時期ということです。
流石にまだ霜柱ができるような寒さではありませんが、今週は少し気温も下がって、季節がまた一つ進むようですね。

この辺りではこれから紅葉の季節を迎えますが、今年はどんな感じでしょうか?台風の塩害で近場はあまりよくない状況ですが、すこし山の方に行けばいい感じかな。

今週末はちょっと山に出かける予定があるので、綺麗な紅葉に出会えたらうれしいのですが。

2018年11月 7日 (水)

立冬 山茶始開

遠州森のまつりも終わりまして、今シーズンのお祭りも一区切り。
ちょっとのんびりの季節ですが、今年は来年に向けて、いろんなサンプル生地をただ今取り寄せ中です。
ちょっと普段着使いできそうなアイテムも試作品の製作に入ろうとしております。
来年楽しくなったらいいなと。

今日はまた暖かい一日でしたが、二十四節気の立冬です。
気分はすでに年末という感じになってきました。

七十二候は「山茶始開(つばきはじめてひらく)」に入りました。
山茶花の花が咲き始める頃です。
いや~ほんともうそんな季節なんです。

今年は夏から秋にかけて、仕事が忙しかったので、ブログの更新もだいぶサボってしまいました。

今後の方向性について、今一度考えなおします。

2018年10月24日 (水)

霜始降

村のお祭りも終わりまして、ただいまちょっとまったりしております。
あの暑かった夏も遠い昔・・・。すっかり秋も深まってきておりまして、遠州地方のお祭りも残すところあとわずか。

七十二候は「霜始降(しもはじめてふる)」に入っております。
霜が始めて降りる時期ということですが、毎朝車のガラスに霜が降りている時期になりました。

今年も残すところ2ヵ月とちょっとと思うと、なんだかソワソワしてきますが、マイペースでのんびり行きましょう。

2018年10月14日 (日)

菊花開

私の住む湖西市では、10月祭り第2週目に突入。
夕べも一回りお祭り見物へ出かけようと、したところで雨がポツリ。
隣村は屋台(山車)こそ出ていましたが、夕べは断念して早々に帰ってきました。

さぁ!ウチの村のお祭りまであと1週間というところで、七十二候は「菊花開(きくのはなひらく)に入っています。
桜と並ぶ日本の国花、菊の花が咲く時期です。
この時期の晴天は、菊日和(きくびより)とよばれるそうです。

今日はこれから晴れる天気予報ですが、各地のお祭りが滞りなく行われることを祈ります。

そして来週は、日本晴れと言いたくなるような、雲ひとつない青空が見られることを望んでいます。

2018年10月 8日 (月)

寒露 鴻雁来

台風や地震、そしてまた台風と自然災害が続きまして、その間仕事も忙しかったりしまして、久しぶりの投稿となりました。

今日は行楽日和の祝日となりましたが、また週の後半にはお天気崩れるようでしょうか。

本日は二十四節気の寒露。
霜になりそうな冷たい露のことですが、そろそろそんな時期へと移り変わっていくのでしょうか。
確かに、今日も日中は汗ばむ陽気でしたが、日が暮れるとちょっと肌寒くなってきましたね。

七十二候は「鴻雁来(こうがんきたる)」に入りました。
少し前まで燕の姿も見たのですが、もう雁が渡ってくる季節です。

雁が渡ってくる季節となれば、近づいてくるのが村祭り。
落ち行いてブログの更新ができるのも、秋祭りが終わってからになるでしょうか。

サボっていたInstagramはとりあえず今夜から復帰したいと思います。

2018年9月 9日 (日)

白露 草露白

3週間ぶりのお休み(笑)。

休みと言っても休みじゃありませんが。午前中少しのんびりできる時間ができました。

残暑厳しい日が続いております。夏からの猛暑も関係しているのでしょうか?自然災害も相次いでいまして、各地において被害があわれた方に、心からお見舞い申し上げます。

9月に入って各地で秋祭りの便りも届き始める季節、夕べは隣村から太鼓の練習の音が聞こえてきました。
稲刈りも始まり、穏やかな日が続いてくれることを祈りますが、これからが秋台風の怖い季節になってきます。

皆様、気象情報などにご注意しながらお過ごしください。

2018年8月28日 (火)

天地始粛

台風21号が出来ましたね。まだ日本への影響が出るかどうか分かりませんが、ひょっとしたら週明け上陸って感じになるかもしれませんね。
8月に入ってから9個目の台風ということで、今年の異常な暑さが影響してるんだろうな?と思う次第です。
そんな連日の暑さですが、暦はちゃんと進んでいまして、七十二候は「天地始粛(てんちはじめてさむし)」に入りました。
ようやく暑さもおさまる頃という意味です。
今週末土曜日からは暑さも少し和らいでくると言う予報ですが、週末はもう9月ですからね~。少しは涼しくなってほしいものですが、まだまだ暑さは続きそうですね。
そして、9月と言えば、ここからが本格的な台風シーズンになるわけで、大きな奴が来ないことを祈るばかりです。

秋祭りシーズンにも入ってきますしね。

2018年8月26日 (日)

三嶋大祭り その2

三嶋大祭りは15日から17日の三日間。頼朝行列とか、農兵節とかすっごくいきたかったですが、仕事の都合もあったので15日に。もっとも一番の目的は山車とシャギリだったので、ちょっと無理していきました。
この日はお昼過ぎから雷雨!ただし天気予報を見ると三島は一日曇りの予報だったので、それを信じて傘も持たずに出かけたのですが、写真でも分かるような空模様。

P1030139
ちょっと雨もパラパラしてきたので、とりあえず大社方面に戻ることに。
大社前では、子供しゃぎり大会のクライマックス!って感じ。

P1030149

P1030163
雨はちょっと心配でしたが、暗くなってきてあたりの雰囲気は良い感じに。
こうなるとやっぱり、当番町山車競り合いまで見ていかなくてはという気になります。

三島コロッケなどを頬張りながら、再びブラブラ雨は時々パラパラ。

P1030169
こうしてみると、祭りはやはり夜ですな。
提灯に灯が入ってからが、良い感じになってきます。

そうこうしていると、当番町が大通りから大社前に移動を始めました。

P1030183
当然どこが当番町かは知りませんでしたが、移動していく山車に他の町内からも拍手で見送る感じが素敵でした。

再び大社前に戻ってスタンバイ。

P1030189
そしたらちょうどこのころ、スマホのアプリから豪雨予報の通知が・・・。いつも通知からタイムラグがあってから雨が降り出すので、何とか山車の競り合いを観たいな~と思いつつ、雨宿りできそうなところもチェックして。

P1030191
P1030195
大社前は、大賑わいの大盛り上がり。
面白いけど、みんな傘持ってないね~。

私は移動しつつ、実は帰り道も探し中。

P1030199
急いで帰って着たくはありませんでしたが、雨が降り出したらこの人混みは大変なことになるだろうなと思ったので。

P1030202
シャギリの音に、後ろ髪をひかれながら帰途へ。
この後すぐ、大雨になってずぶ濡れで新幹線に乗ったのでありました。
来年は最後まで見に行きましょう。

2018年8月25日 (土)

三嶋大祭り その1

季節は処暑、綿柎開(わたのはなしべひらく)」に入っています。

今年のお盆休みは、比較的のんびり過ごしていたのですが、唯一ちょっと出かけたなって感じが、三嶋大祭りでございました。そんな遠くありませんが、新幹線に乗るとちょっと旅した気分になります。

P1030095
先ずは久しぶりの三島だったので、三嶋大社にお参りを。

P1030097
あとはいつものごとく、帰りの時間だけ大体決めておいて、大社周辺をブラブラです。

子供しゃぎり大会をちょこっと見て、山車の方へ。

P1030106
進んでも進んでも続く山車!なんと大通りに16台の山車です。
面白~い!

P1030125
山車自体は比較的新しいものが多かったですね~。というのも、小型トラックのシャーシを使ったものがたくさんありました。というか、ほとんどの山車がそうだったかな?舵装置付きの山車は数台しか見ませんでした。もっとも、三島では山車を見せるというよりもやはり、シャギリを聞かせるといったほうがメインでしょうか。

P1030134
P1030138
途切れることなく聞こえるシャギリはノリが良くて、見てるだけでウキウキしてきますね~。

«御油祭り