2018年9月 9日 (日)

白露 草露白

3週間ぶりのお休み(笑)。

休みと言っても休みじゃありませんが。午前中少しのんびりできる時間ができました。

残暑厳しい日が続いております。夏からの猛暑も関係しているのでしょうか?自然災害も相次いでいまして、各地において被害があわれた方に、心からお見舞い申し上げます。

9月に入って各地で秋祭りの便りも届き始める季節、夕べは隣村から太鼓の練習の音が聞こえてきました。
稲刈りも始まり、穏やかな日が続いてくれることを祈りますが、これからが秋台風の怖い季節になってきます。

皆様、気象情報などにご注意しながらお過ごしください。

2018年8月28日 (火)

天地始粛

台風21号が出来ましたね。まだ日本への影響が出るかどうか分かりませんが、ひょっとしたら週明け上陸って感じになるかもしれませんね。
8月に入ってから9個目の台風ということで、今年の異常な暑さが影響してるんだろうな?と思う次第です。
そんな連日の暑さですが、暦はちゃんと進んでいまして、七十二候は「天地始粛(てんちはじめてさむし)」に入りました。
ようやく暑さもおさまる頃という意味です。
今週末土曜日からは暑さも少し和らいでくると言う予報ですが、週末はもう9月ですからね~。少しは涼しくなってほしいものですが、まだまだ暑さは続きそうですね。
そして、9月と言えば、ここからが本格的な台風シーズンになるわけで、大きな奴が来ないことを祈るばかりです。

秋祭りシーズンにも入ってきますしね。

2018年8月26日 (日)

三嶋大祭り その2

三嶋大祭りは15日から17日の三日間。頼朝行列とか、農兵節とかすっごくいきたかったですが、仕事の都合もあったので15日に。もっとも一番の目的は山車とシャギリだったので、ちょっと無理していきました。
この日はお昼過ぎから雷雨!ただし天気予報を見ると三島は一日曇りの予報だったので、それを信じて傘も持たずに出かけたのですが、写真でも分かるような空模様。

P1030139
ちょっと雨もパラパラしてきたので、とりあえず大社方面に戻ることに。
大社前では、子供しゃぎり大会のクライマックス!って感じ。

P1030149

P1030163
雨はちょっと心配でしたが、暗くなってきてあたりの雰囲気は良い感じに。
こうなるとやっぱり、当番町山車競り合いまで見ていかなくてはという気になります。

三島コロッケなどを頬張りながら、再びブラブラ雨は時々パラパラ。

P1030169
こうしてみると、祭りはやはり夜ですな。
提灯に灯が入ってからが、良い感じになってきます。

そうこうしていると、当番町が大通りから大社前に移動を始めました。

P1030183
当然どこが当番町かは知りませんでしたが、移動していく山車に他の町内からも拍手で見送る感じが素敵でした。

再び大社前に戻ってスタンバイ。

P1030189
そしたらちょうどこのころ、スマホのアプリから豪雨予報の通知が・・・。いつも通知からタイムラグがあってから雨が降り出すので、何とか山車の競り合いを観たいな~と思いつつ、雨宿りできそうなところもチェックして。

P1030191
P1030195
大社前は、大賑わいの大盛り上がり。
面白いけど、みんな傘持ってないね~。

私は移動しつつ、実は帰り道も探し中。

P1030199
急いで帰って着たくはありませんでしたが、雨が降り出したらこの人混みは大変なことになるだろうなと思ったので。

P1030202
シャギリの音に、後ろ髪をひかれながら帰途へ。
この後すぐ、大雨になってずぶ濡れで新幹線に乗ったのでありました。
来年は最後まで見に行きましょう。

2018年8月25日 (土)

三嶋大祭り その1

季節は処暑、綿柎開(わたのはなしべひらく)」に入っています。

今年のお盆休みは、比較的のんびり過ごしていたのですが、唯一ちょっと出かけたなって感じが、三嶋大祭りでございました。そんな遠くありませんが、新幹線に乗るとちょっと旅した気分になります。

P1030095
先ずは久しぶりの三島だったので、三嶋大社にお参りを。

P1030097
あとはいつものごとく、帰りの時間だけ大体決めておいて、大社周辺をブラブラです。

子供しゃぎり大会をちょこっと見て、山車の方へ。

P1030106
進んでも進んでも続く山車!なんと大通りに16台の山車です。
面白~い!

P1030125
山車自体は比較的新しいものが多かったですね~。というのも、小型トラックのシャーシを使ったものがたくさんありました。というか、ほとんどの山車がそうだったかな?舵装置付きの山車は数台しか見ませんでした。もっとも、三島では山車を見せるというよりもやはり、シャギリを聞かせるといったほうがメインでしょうか。

P1030134
P1030138
途切れることなく聞こえるシャギリはノリが良くて、見てるだけでウキウキしてきますね~。

2018年8月21日 (火)

御油祭り

このブログを書いているのは15日。お盆休みに入って、のんびり過ごしていまして、今週はお祭り見物にまだ行っておりません。暑い日も続きますので、無理せずのんびりが一番ですが、今日はお盆の法要が済んだら、ちょっと出かけようかなと。

国府、御油、赤坂と続く、豊川のお祭り第2弾は御油祭りです。

P1030020
P1030044
御油と言いますと、この御油橋を渡る山車と神輿の画像がいい感じですが、御油に限らず橋を渡る渡御などは絵になりますね。
国府、御油、赤坂、ともに山車は元々二輪型の山車だったものを三輪に改造したものと思われますが、(ただし、山車の大きさバランスを考えると、形は遠州のそれと似ていますが、最初から三輪だったかもしれません。)歌舞伎行列があったりなかったり、神子車があったりなかったりと、少しづつ中身が違ってきますね。

御油には神子車があって、神子舞を見ることができます。

P1030056
P1030067
あとは獅子舞。

P1030091
この辺は、掛川の盈虚も受けているような。
山車の形も含めて、この辺は東西の文化が複雑に重なりあったところなんだと思います。

2018年8月20日 (月)

三ヶ日まつり

仕事の都合で、お祭り見物のスケジュールをたてますが、この日はいろいろ考えて御油の手筒花火を観に行こうかなと思っていたんです。ところが、想像以上に仕事が遅くなってしまったので、移動距離の少ない三ヶ日へ。

P1020955
P1020958
最近よく聞く若者のお祭り離れ。
三ヶ日はどうかと言うと、まだ結構いるように見えるのですが、手筒花火を出す子は凄く減っているような。
境内を歩いている子はいるものの、あれ?手筒は出さないの?って言った感じです。
そもそも、われらの世代が少なすぎるのが不甲斐ない。

P1020976
50代にもなると落ち着いちゃいますかね?
いやいや、まだまだやってほしいですね~。

P1020997
P1030010

2018年8月19日 (日)

国府夏まつり

7月の後半から、8月お盆休み前まで忙しかったのですが、それなりにお祭り見物には出かけてましたね。

国府、御油、赤坂と続く豊川の夏祭り。 
旧東海道の栄華をうかがわせる夏祭りは、遠江の祭りの雰囲気も感じ取れる不思議なお祭りです。

P1020868
あとは、赤坂雨乞いまつりで見られる、歌舞伎行列が名物でしょうか。

P1020872
P1020883
毎年この時期に、炎天下で着物というのも大変だと思いますが、今年は特に暑いですからね~。着物はそうとう暑かったでしょうね。

P1020893
P1020928
P1020934
ということで、私は1時間くらいの見物でとっとと退散してきました。

P1020941

2018年8月18日 (土)

蒙霧升降

お盆休みも終わりまして、仕事に入っております。
2~3日前の不安定なお天気から一転しまして、昨日から涼しい風の吹く気持ちの良い天気。このまま秋へと向かってくれると嬉しいのですが、どうも長続きはしないようですね。

七十二候は本日から「蒙霧升降(ふかききりまとう)」に入りました。
深い霧が、まとわりつくようにたちこめる季節ということです。

昨日からちょっと涼しいですが、昔はお盆を過ぎると何となく空の感じや風、海や山の雰囲気が「あ~夏ももう終わりだな」って感じになってきましたが、近ごろ10月の秋祭りのころまでホントに暑いので、四季の感じも少しづつ変わってきちゃったなって思います。
少しづつ変わっていく身の回りの雰囲気を見逃さずに、過ごしていきたいものです。

2018年8月17日 (金)

遠州新居の手筒花火

今年も楽しみにしていた新居の手筒花火。
残念なことに前夜祭の手筒は、台風の影響で中止となってしまいました。
前日金曜日の試みも、用事で行けない予定でしたが、予定より早く済んだので、急いで新居小学校へ。

P1020785
P1020793
ちょっと雨降るかな~?って感じながらでしたが、無事最後まで見物できました。

P1020800_2

新居の手筒と言うと、土曜日前夜祭の猿田彦煙火が面白いわけですが、金曜日試みの手筒花火の方が全体的に大きな手筒なので、こちらも迫力満点でございます。

P1020821
P1020825
そうやって思うと、今年は一日台風で中止になってしまいましたが、二日間行われるのは珍しいかな。他の地区と比べても手筒花火の消費量はかなり多いと思いますね。

P1020841
三河から伝わったとされる、新居の手筒花火ですが、違うところもいろいろあって面白いですよ。

P1020852

2018年8月16日 (木)

北野七夕祭

北野天満宮で、8月4日から16日まで開催中の北野七夕祭。
私が行ったのは一ヵ月前の7月15日でしたが、どうやらこの日あたりから七夕飾りを始めたようでした。
ここ最近、京都に出かけたときには参拝していた北野天満宮でしたが、今回は行く予定ではありませんでした。ではどうして?ということになるのですが、この前に素敵な時間を過ごさせていただきまして、続けて今日は人に会いに行こうと思って、北野天満宮の近くに向かいました。
残念ながら、その出会いは果たせませんでしたが、北野天満宮に寄ったところ、七夕飾りを飾る素敵な光景には出会えました。

P1020602
境内では恒例の「梅干し」も!

P1020600
無類の梅干し好きとしては、この梅干しをぜひ味わってみたいものですが、それにはまた年末に出かけなければなりません。
それはさておき、七夕です。

P1020598
文子天満宮の前も綺麗な七夕飾りが。
こうして、予定していなかったことに出会うことができると、なんだか呼ばれたみたいで、嬉しくなります。

P1020601
ただし!京都に出かけると、必ず立ち寄りたくなる神社仏閣がどんどん増えていって、困ってしまいますが。

次回の京都旅も、また心の向くまま、気の向くままに。

«縁切り縁結び